種類と注意点|ストレート・カールヘアアイロンの知識【初心者必見!】

ストレート・カールヘアアイロンの注意点をまとめてみました。

種類と注意点

ブラッシング

ヘアアイロンを使用するなら髪のケアをかかさずに!

ヘアアイロンは、高温で髪の毛の形を変える為、どうしても髪を傷めてしまいます。ケアをせずにヘアアイロンを使い続けるとどんどん髪の毛が痛んでいき、綺麗なストレートやカールヘアを作れなくなる原因につながります。アイロンをかける前にしっかりと髪の毛を乾かしたり、ヘアオイル等で髪の毛を保湿したりして、ヘアアイロンと上手に付き合っていきましょう。

ヘアアイロンの種類について

ヘアアイロンにはたくさんの種類があります。今回は、よく使われているヘアアイロンのタイプをご紹介いたします。
・ストレートヘアアイロン
ストレートヘアアイロンは、髪の毛を挟み下へ滑らせることでストレートヘアが作れます。毛先を丸め込むように滑らせることで、毛先をカールさせることも可能です。
・カールヘアアイロン
丸くなったパイプに髪の毛を挟み、アイロンを回すように髪の毛を巻きつけていくことで、ウェーブヘアをつくることが可能です。パイプには太さの種類があり、細いパイプだと細かいウェーブ、太いパイプだと大きいウェーブをつくることができます。
・2WAYヘアアイロン
ストレートとカール、両方セットができるお得なアイロンです。ひとつのヘアアイロンで、ストレートとカールの両方ができることによりスタイリングの幅が広がります。自分の髪質や、やりたい髪型などによって使いわけることができますので、理想の髪型を実現することができます。

ヘアアイロンの温度による違い

ヘアアイロンは、温度調節をすることができます。温度が低いと、髪の毛の形を変えることに時間がかかったり、髪質によっては全く形を変えることができなかったりします。しかし、温度が低いということは髪の毛が傷みにくいというメリットもあります。逆に、温度が高いと短時間で髪の毛に形をつけることが可能です。ですが、温度が高いとキューティクルが剥がれやすく、傷みに直結してしまいます。基本的な温度は、160~180度が望ましいです。しかし、髪の毛の傷みが気になるときは温度を下げたり、すばやくセットしたいときは温度を上げたり等、自分好みに調整してご使用ください。

ヘアアイロンを使用する際の注意点

ヘアアイロンを使用する時には、いくつかの注意点があります。
・何度も同じところにアイロンをあてない。
同じ箇所へ何度もアイロンをあてると、摩擦によってキューティクルが剥がれ落ち、傷みの原因となります。アイロンをあてるポイントとして、「一箇所につき2~3秒あてる」ことを意識すると良いでしょう。
・できるだけ毎日の使用は控える
毎日ヘアアイロンを使用していると、どれだけヘアケアを行っていてもダメージが蓄積されてしまいます。髪の毛への負担を減らすために、ヘアアイロンお休みの日を設けましょう。

おしゃれを楽しむために知っておこう

髪の毛はとても繊細で痛みやすいものです。ヘアアイロンを使用して長くヘアアレンジを楽しむためにも、ヘアケアや温度調整をかかさずに行い、キレイな髪をキープしつつ、おしゃれを楽しんでいきましょう!